嵐の後のほのぼの大学生活日記
仮面浪人時代(嵐)を振り返りながら、日々気になったことを書いていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分かれ道
久しぶりに書きますね。

初めの頃は、毎日のように更新して、
同じく仮面浪人で迷っている方に、情報提供できればと思っていたのですが、
大学に入り直すと、やっぱりそれはもう普通の大学生になってしまうんです。

だから、どこか後ろ髪をひかれるような気負いをするわけでもない。
本当に普通の大学生活を送っていると、
仮面浪人だったことを忘れてしまいます。


でも、最近そんな忘れかけの私の過去を、
もう一度思い直させることがありました。

研究室配属の時期に入り、ちょっとある教授に相談をした時のことです。
その相談事は書けないのですが、
前例がない事らしく、いろいろと叱られました。

そのとき、
「(この大学のルールが)気に入らないのなら、この大学やめるくらいの覚悟を持て」
と言われました。


はっとした。
そう、かつて自分が考えたことと同じ考えを言われている、
そう思って必死の思いで再受験してきた大学の先生に。


やりたいことを実現するために私に残された手段は、
そのとおり1年くらい我慢して、また(多分修士に上がるタイミングで)別の場を求めていくのか。
それともずっとここに残り続けるのか。

いずれにせよ、私には、もしかしたら仮面浪人を決断した時に、
うやむやにしてしまった、大学や社会に対する考えの甘さを、つきつけられた気がした。
スポンサーサイト
また春の季節が来て
今年もまた仮面浪人して大学に受かった方はどの位いらっしゃるのでしょうか。

私が聞いた話では受かる確率は、10人のうち1人しか受からないくらいの確率だそうです。
もちろんきっちりとした統計をとったわけではないでしょうが、そのくらいでもおかしくないと
実際に経験してみて思います。

受験もまた、競争なんですから、当然受かる人も入ればそうでない人もいる。
ただその努力はどんな結果であっても決して無駄でない、

そう信じて今生活したいなと思ってます。


今自分は後悔しています。

それは仮面したことでなくて、
仮面した後に自分が思い描いていたことをできるだけの
力を蓄えていけなかったことです。

やっぱり周りを見渡せば、自分より出来る人がうんといる生活。
いろいろと悩みます。

ホントは受かった後にもっと頑張らなくてはいけなかったのに、
どこか安心して手抜きしていた自分がいたんじゃないかなって。

あるいは決心が弱かったんじゃないかなって。

当たり前だけれども見にしみて分かったのは、
後悔のない人生なんてないんだなって。

でもそれで止まったらいけないんだなって。

だから今年は後悔してもいいから、もっと頑張りたい。
仮面する前に持ってた価値観なんて、いらないものは払いきりたい。
模試か
今日はオケの練習でした。大学についてみると河合塾模試という懐かしい文字を見ました。ああ、自分も去年の今頃は受けていたんだよなぁとふと思いました。そう言えば、もうそろそろで後期も始まってしまいますね。悔いの残らないようにいろいろしておきたいですね。
去年の今頃
去年の今頃は一日にこれだけって量を決めてやってました。あと息抜きにすることを決めてやっていったのも私としてはとてもよかったと思います。「大学への数学」は今でも忘れられないほど内容がつまっていて日々の課題が決まっているのでおすすめです。

英語は図書館にあった英語学習の雑誌を読んで勉強してました。どちらかといえばテクニックを鍛えるためというよりは量をこなそうという感じで、取り組みました。やはり雑誌の内容は新しいことなので興味を持ってやれるからとても楽しいですよ。

理科は私は物理・化学でしたがどちらも高校時代のものをそのまま最初からやりました。ただ物理はそれに加えて難解?なんとかっていう暗いオレンジと緑のかぼちゃカラーの本に挑戦していました。もう微積は使いたい放題できるようにはなっているでしょうからガンガンせめていいと思います。

国語は古文を少しやっていた程度です。

日本史はちょこちょこ本を読んで復習していました。

いずれにせよペースを乱さないことが重要です。お互いに頑張りましょう!!
・・・・
先輩が自殺により亡くなりました。

話を聞いてみると自分がちょうど半年前くらいに考えていた、仮面が成功しなかったときの死に方とほぼ同じでした。きっと先輩と同じ気質の人間なのでしょうね。

バカなことだっていうことは、多分先輩本人が一番分かっていたでしょう。

気持ちが痛いほど分かるだけに何とも言えない。ただ「本当にお疲れさまでした。」とその一言に尽きます。

もう少し時がたったら、このことについて掘り下げた記事を書こうかなと思っています。
仮面が成功したときでさえ残るもの、失敗した時の絶望。この記事をたまたま読んだ仮面浪人生にそれを考えた上でやってほしいから。

でも不思議です。先輩に先を越されたように何故か感じている自分が、今ここにいるです。自分もあんな最後を遂げていてもおかしくはなかった・・・。


FC2カウンター



プロフィール

nori

Author:nori
2009年3月仮面浪人の末、地方国立→旧帝大に。理系です。
音楽大好き
パソコンいじるの大好き
大学で自分の夢の実現に向けがんばります!!!

↓にも参加しています。応援よろしくお願いします





最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。